今日は「あんぱんの日」ダイエット効果と栄養・太らない食べ方

今日4月4日は「あんぱんの日」

昔からの定番で今も変わらず人気の「あんぱん」。
あんぱん=太るイメージですが、メリットはないのでしょうか?

今日は、あんぱんの効果と栄養から太らない食べ方について
お話したいと思います。

あんぱん好きの方への朗報となっていますよ^^

今日4月4日は「あんぱんの日」

4月4日」は、明治8年(1875)に、<木村屋總本店>が
明治天皇に“あんぱん”を献上した日として
あんぱんの日」として記念日に認定されています。

木村屋の木村安兵衛が当時の侍従・山岡鉄舟に
「これまでは京都の和菓子をお出しすることが多かったが、
純日本製のパンをお出ししたらどうか」ともちかけられた。

木村安兵衛は、それまでのあんぱんに工夫をこらし、
日本を代表する花である八重桜の塩漬をいれた桜あんぱんを開発した。
  (今日は何の日~毎日が記念日~より転載)

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

あんぱんのダイエット効果と栄養について

あんぱんは高カロリー・高糖質ですから太るイメージですよね。
ダイエット効果もあるということを聞きますが果たしてどうなんだろう?

実はこんな栄養効果があります。

1.整腸作用(食物繊維による)

あんぱんの餡の材料の小豆食物繊維がとても豊富。
食物繊維は大腸内でビフィズス菌等の善玉菌の餌になり
腸を整える効果があります。

まぁちゃん

これによって便秘解消大腸がんの予防に効果が期待ができるんです。

またブドウ糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を緩やかにするので
糖尿病肥満に良いというメリットがあります。

2.アンチエイジング(ポリフェノールによる)

小豆にはポリフェノールが含まれるのですが、
何と赤ワインの1.5倍~2倍も含まれているんです。

カテキンは、主にお茶に含まれるポリフェノールの一種ですが
抗酸化力が非常に高いので、がん、生活習慣病アンチエイジング
効果があります。

まぁちゃん

小豆に含まれるアズキポリフェノールは腸内で糖を吸収する
酵素の働きを抑えて血糖値の上昇を抑える効果もあるようです。

3.脂肪の蓄積を抑える(サポニンによる)

小豆に含まれるサポニンの働き

・ブドウ糖が腸で吸収された後に脂肪酸と結合するのを防ぐ。
脂肪の蓄積を予防する働き。
・利尿作用もあるので体のむくみも解消される。
・抗酸化力も持つので、老化予防にも良い。

各栄養素を1日にどのくらい摂れば良いかという基準はないので
美容や肥満が気になる人は積極的に摂るようにすると良いですね。

<こしあんと粒あんの違い>

粒あんのを取り除いたのがこしあんです。

こしあん・・・鉄分が豊富
粒あん・・・ポリフェノールが豊富

まぁちゃん

も食べてポリフェノールをたくさん摂ると良いですよ。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

あんぱんの太らないダイエット向き食べ方って!?

1.朝食に食べるのがおすすめ

あんぱんのカロリー(約220kcal)ご飯一杯分に相当します。
間食」として食べるとどうなる?
(1日の)摂取カロリーオーバーになってしまう可能性が大。
あんぱんを食べるなら1日の活動が始まる前の朝食がおすすめです。

まぁちゃん

摂取したカロリーはその日のうちにに消費することが、
脂肪の蓄積を防げます。

間食と同様に「夕食」に食べるのも避けた方が良いです。

2.食べる順を考えるべきです

食べ物の腸での糖質の吸収を緩やかにするには、
食物繊維を多く含む「野菜」などを先に食べることです!

糖質が少ない野菜を先に摂るべジファーストダイエットの基本です。

3.薄皮&粒あんを選択する

薄皮のあんぱんは餡の量が多いですよね。
小豆に含まれる栄養素を多く取り入れられるということです。

餡が多いからパンの生地は少な目になるので、
カロリーや糖質が低く抑えられます

前述の通り、小豆の皮にはポリフェノールサポニンが含まれますから
こしあんよりも粒あんはダイエット効果が期待できます。


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

<まとめ>

いかがでしたでしょうか。

あんぱんに意外な栄養・効果があるのを
お解りいただけたかと思います。

ダイエット的には餡の元である「小豆」がポイント。
食物繊維・ポリフェノール・サポニンと重要な栄養素を含んでいます。

あんぱんの太らない食べ方も覚えて、美味しく食べてくださいね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

こちらの記事も多く読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です