ダイエットに効果の高カカオチョコレート、72%・86%・95%の比較

ダイエット中でもチョコレートを食べたいという方は
多いのではないでしょうか。
食べたい物をガマンするとストレスになってしまいます。

そんな時におすすめしたいのが「高カカオチョコレート」
よく見かける品に、カカオ72%・86%・95%のものがありますが、
今日は、それぞれの特徴についてお話したいと思います。

ダイエットに効果の高カカオチョコレート:カカオ72%

高カカオポリフェノールチョコレートとして高い人気を誇る
チョコレート効果72%

普通に甘みが感じられる程度のカカオの濃さなのが72%。

苦いチョコレートを好まない人でも食べられます。
間食やコーヒー・紅茶などのお茶請けにいいですね。

まぁちゃん

低GI値食品
GI値の低い食品は血糖値を穏やかに保つ作用があり、
少量でも満足感が高いのが嬉しい。

カロリー:「28kcal」
1枚あたりの糖質「1.6g」
食物繊維「0.6g」
1枚あたりのポリフェノール「127mg」

明治 チョコレート効果カカオ86% 大容量 940g

ダイエットに効果の高カカオチョコレート:カカオ86%

カカオ分86%の本格ビターチョコレート。
カカオの力強い香りとコク、上質な苦み、ほのかな甘さが特徴。

カカオの割合が多くなれば砂糖の含有量は減少し、
甘みはカカオ72%のものに比べてだいぶ少なく感じます。

カカオ72%の品がスタンダードですが、
糖質が少なく、しかも甘みも感じて美味しく食べられるので
個人的にはこちらが一番おすすすめ

まぁちゃん

ウイスキーや日本酒に合いますよ。

カロリー:「29kcal」
1枚あたりの糖質「1.0g」
食物繊維「0.8g」
1枚あたりのポリフェノール「147mg」

明治 チョコレート効果カカオ86% 大容量 940g

ダイエットに効果の高カカオチョコレート:カカオ95%

砂糖は微量含まれるも、ここまでになると甘みはほとんど感じない
美味しいという訳にはゆかないですね。

カカオの風味が強く、好き嫌いが二分されます。。

まぁちゃん

お菓子作りの材料という使い方も考えられます。

カロリー:「31kcal」
1枚あたりの糖質「0.6g」
食物繊維「0.8g」
1枚あたりのポリフェノール「174mg」

明治 チョコレート効果カカオ86% 大容量 940g

高カカオチョコレートの食べ方

高カカオチョコレートの一日の摂取目安25g
1個が5gですから5個食べるということになります。
間食に利用するのもおすすめ)

一度に全部食べるのはNGで、
朝昼夜の食事前と午前と午後の計5回に分けて食べるのが理想的。
(食事前に食べることで食後の血糖値の上昇が緩やかになります)

 食べ過ぎると太りますよ

 5回に分けて食べるのは、
  注目の成分「ポリフェノール」の効果はあまり持続しないので
  効果が途切れないようにするため。

まぁちゃん

高カカオチョコレートがダイエットに良いのは
代謝アップ効果があるからです。

<PR>明治 チョコレート効果カカオ86% 大容量 940g

・知っていますか?ポリフェノール1日摂取量の目安 一般的には、
1日に200kcal程度の間食が適量(厚生労働省)だと言われていますので、
おいしく健康に食べたいなら1日3枚から5枚を目安に
毎日コツコツ食べてみてください(約87kcal~約145kcal)。

・はじめて食した際に苦みや濃さを感じる方は、
まず2枚程度からスタートさせ少しずつ慣らしていくのがよいでしょう。

チョコレート効果86%には、
1枚で147mg5枚で735mgのカカオポリフェノールが含まれます。
過剰摂取は推奨しておりません

まぁちゃん






原材料・成分
カカオマス、ココアパウダー、砂糖、ココアバター/乳化剤、
香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

明治 チョコレート効果カカオ86% 大容量 940g

新品価格
¥2,750から
(2022/2/16 17:17時点)

<まとめ>

ダイエット中にチョコレートを食べたいなら、
カカオポリフェノールが豊富な高カカオチョコレートがおすすめ。

大きく分けてカカオ72%・86%・95%のものがあります。
カカオ72%のものが一番人気ですが
個人的には糖質・ポリフェノール量等の点で86%の品がイチオシ。
美味しく食べられることも続ける秘訣。

高カカオチョコレートを上手に食べて、ストレスを溜めずに
健康ダイエットを目指しましょう。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

こちらの記事も多く読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。