便秘解消に効果的な「ごぼう茶」を手作り!レンジで簡単レシピ

便秘解消に「ごぼう」がいいと聞いたことがあるかと思います。
ごぼうを煮だしたのが「ごぼう茶」
健康食品として販売されている品もありますが、
今日は、ごぼう茶を手作りしちゃおうというお話。

それほど面倒な作業はありません。
楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか。
調理の工程も楽しいですよ。

その手順をご紹介します。

便秘解消に効果的な「ごぼう茶」を手作り:材料の準備

皮ごと美味しく飲める【ナチュレライフのごぼう茶】

材料としては、泥つきの「ごぼう」「水」でOKです。

ごぼうは洗って泥を落とします。
包丁またはピーラーで「ささがきごぼう」にします。

ごぼうは可能な限り消毒をしていない国産のものが良い。

皮の部分に栄養がたっぷりあるので皮付きのまま
 ささがきにするのがベストです。

まぁちゃん

スーパーによっては袋入りの「ささがきごぼう」を
売っている場合もあります(無添加・無漂白のものが好ましい)。
こうした品を利用すれば手間は省けます。

品質が良いごぼうにするのがいいのは言うまでもありません。

便秘解消に効果的な「ごぼう茶」を手作り:乾燥&作り方

皮ごと美味しく飲める【ナチュレライフのごぼう茶】

1.天日干し、または電子レンジで乾燥する

・天日干し

ささがきにしたごぼうを天気の良い日に天日干し
 半日で乾燥できます(何回か位置をずらして)。

・電子レンジ使用の場合

 耐熱皿にささがきごぼうを広げて電子レンジで3分加熱
 位置をずらして更に3分加熱。これを計3回繰り返す。
 トースターは焦げてしまうので使用しないこと。

2.フライパンを弱火で加熱して焦げないように乾煎り(からいり)

水分が抜けてパリパリになったら火を止めます。
 触って表面がパリッとする状態が目安。
  焦げやすいので注意しましょう。
 (目安:12分ほど煎り、その後は余熱で)

3.いよいよ煮出しです

小鍋に水との煎ったごぼうを入れて 沸いて色が出てきたら完成です。
 一回は5gほどのごぼうの量にて。濃さはお好みで。

 酸化すると効能が落ちるので、
  煎ったごぼうはジッパー付きの袋に入れて冷蔵庫保存する
  できあがったごぼう茶は早めに飲んだ方が良いですよ。

便秘解消に効果的な「ごぼう茶」:効果、効能

皮ごと美味しく飲める【ナチュレライフのごぼう茶】

まず特筆すべきは、ごぼうは食物繊維が豊富であること。
水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の両方を含むんです。

ダイエット目的や便秘・腸内環境の改善のために良い健康茶です。
更にオリゴ糖も含まれるので腸の善玉菌を増やしてくれます。
食物繊維は、中性脂肪や血糖値の急激な上昇を抑えるのにも良いですね。

ごぼうは、美容効果やダイエット効果が期待できる成分を豊富に含みます。
腸内環境を整えるのにも良いので便秘気味の方にもおすすめ。

ごぼう茶の最大の特徴は食物繊維オリゴ糖が豊富だということ。
オリゴ糖が腸内環境を整え、食物繊維が腸の働きを活発にするという2つの相乗効果で
便秘に良い訳です。
脂肪の分解を助けてくれるサポニンも含むので、ダイエット効果が期待できます。
血行不良や冷え性にも良いですよ。

便秘解消に効果的な「ごぼう茶」:飲み方、感想

皮ごと美味しく飲める【ナチュレライフのごぼう茶】

水1.5㍑に対して煎ったごぼうは10gほど使用します。
10分ほど煮て火を止め、15分ほど粗熱取りを兼ねて蒸らす。

夏はアイスで冬はホットで美味しく飲めます。
ダイエット目的ならホットで継続して飲むのがおすすめ
体を芯から温めることができ、代謝が上がるので冷え性や水太りの改善に良い。

空腹時食事時に飲むと食べ過ぎの防止に(含まれる食物繊維の作用)。

熱中症予防で水代わりに飲むのも良いことですが、飲み過ぎには要注意
お腹が緩くなったり下痢気味になることもあります。
ごぼう茶は、一日2~3杯くらいから始めましょう。

できあがりのお茶は薄茶色(煮出す時間にもよります)。
肝心の味ですが想像していたよりクセがない
やや香ばしい味わいでよく味わうとごぼうの風味が口に広がる。

青臭さなどもなく私には飲みやすかったです。
まったく問題なく続けられる味ですよ。

煮出して残ったごぼうは、きんぴらや佃煮にしたり、
 片栗粉をつけて揚げると「ごぼうチップス」になるので
 余すことなく有効に使って食べましょう。

まぁちゃん

)ごぼうはキク科の植物につき、キク科に対してアレルギーがある人は  
    アレルギー反応を引き起こす可能性があるので要注意です。

市販のごぼう茶を買うのは簡単ですが、費用をかけないで手作りも楽しいですよ

<まとめ>

ごぼうは食物繊維やサポニンが多く含まれていて
ダイエット、便秘解消効果や血行不良や冷え性にも良いです。

そのごぼうを使って作るのが「ごぼう茶」。
ごぼうと水が材料になります。

ささがきにしたごぼうを天日や電子レンジで乾燥し、
更にフライパン乾煎りするといういうのが作り方の手順。
これを煮だして飲みます。

作る工程も楽しいものですが、面倒な場合はネットでも買えるごぼう茶を
便秘解消に活かしてはいかがでしょうか。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

たっぷりの食物繊維で毎日の美容・スッキリをサポート! 【ナチュレライフのごぼう茶】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です