1日5食のダイエットで血糖値管理・太りやすい体質ならお試しあれ!

ダイエットをする中で血糖値を意識したことがありますか!?

急激な血糖値の上昇・下降は太りやすい
聞いたことがあるかと思います。

血糖値の上昇・下降は緩やかなことが好ましい訳で、
そのための食事法として「1日5食ダイエット」があります。

どんなものか解りやすく説明しますので
特に太りやすい体質と感じている方にはお試しいただけたらと思います。

是非、参考にしてくださいね。

1日5食のダイエットで血糖値管理:基本的なこと

急激な血糖値の上下動はインスリンの過剰分泌につながって、
脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

脂肪を溜め込みにくくするには、血糖値の上下動が緩やかなもの
食べれば良いということになりますよね。

具体的にどうすれば良いかというと、

高タンパク、低脂肪の食べ物を積極的に摂る
炭水化物の摂取量を半分にする
食物繊維をしっかり摂る(1回の食事で5~10g)
良質な油(アマニ油、ごま油、オリーブ油など)を積極的に摂る
水分(水やお茶など)の補給を積極的に! です。

<高タンパク、低脂肪の食べ物>

鶏ささみ、鶏むね肉、卵豆腐などの大豆製品

<食物繊維が10g前後摂れる食べ物>

オートミール(9.4g)ライ麦パン(5.6g)干しいも(5.9g)
ごぼう(ゆで・6.1g)いんげんまめ(ゆで・13.3g)きな粉(18.1g)
おから(生・11.5g)干ししいたけ(ゆで・7.5g)乾燥わかめ(水戻し・5.8g)
焼きのり(36.0g)ほうれん草(ゆで・3.6g)グリンピース(ゆで・8.6g)など。

  100gあたりに含まれる食物繊維の量です。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト
ダイエッターに嬉しい限り、全て糖質90%オフになっています。

1日5食のダイエットで血糖値管理:試してみる価値あり

食事はなるべく空腹時間を作らずに、こまめに少しずつ食べるようにすると良い。
これにふさわしいのが「1日5食」にしてダイエットを図る方法。

メリットは、血糖値の急激な上昇と下降を防げることです。
食事と食事の感覚が短いので、必要以上に空腹を感じにくい

まぁちゃん

「ドカ食い」のリスクが少ないですね。

1日5食ダイエットの食事例

1日5食ダイエット」は、
3食の食事の合間に2回の「間食」を挟むというもの。

①朝食 6~7時(水分と果物)

 果物は、りんごやバナナ・キウイなどで。

②1回目の間食 10時(おにぎりと茹で卵)

 おにぎりは1個80g程度の小さなもので。

③昼食 12~13時(ご飯、肉、野菜料理、
          味噌汁)

まぁちゃん

ご飯をおにぎりにするなら80gのもの2個程度で
お肉類と野菜をしっかり摂る。

④2回目の間食 15~16時
   (ナッツ、ドライフルーツ、豆乳
     シリアルバー、ヨーグルト)

 ナッツは片手にのるほどの量。
 豆乳は成分無調整で甘くないもの(約200ml)

⑤夕食 18~20時
   (ご飯半膳、味噌汁、魚料理、野菜料理)

 ご飯は半膳ということで80gのおにぎり1個分。
 メインのおかずは魚が好ましい。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト
高タンパク、塩分控えめ、砂糖不使用、ヘルシーなのにとても美味しいです。

1日5食のダイエット:ナッシュの冷凍弁当を活かす

昼食や夕食にナッシュの冷凍弁当を取り入れるのも
有効な方法でおすすめ。

<一例>チリハンバーグステーキ

ナッシュ-noshメニューの中でも大人気なのがチリハンバーグステーキ
肉汁をギュッと閉じ込めた噛むほどに肉の旨味が広がるハンバーグです。

チリソースで仕上げたボリューム満点のハンバーグプレートで
エネルギーが400kcal以下となっているところも魅力的です。

まぁちゃん

主菜は、チリハンバーグステーキ。
副菜は、彩り野菜のロースト、そら豆のポテトサラダ、
なすのバジルソース。

<栄養成分>

カロリー360kcal たんぱく質21.6g 糖質20.2g
炭水化物(24.4g)
脂質19.9g 食物繊維4.2g 塩分

高タンパク、低脂肪のお弁当です。

<ナッシュの特長>

全て糖質90%オフになっています
管理栄養士監修のお弁当です
・全て一流シェフによる手作りです
高タンパク、塩分控えめ、砂糖不使用。


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト
私も利用していますが、初回は何と300円OFFでお得ですよ。

<まとめ>

ダイエットを試みてもなかなか結果が出せない、
太りやすい体質と感じられている貴女に
1日5食ダイエットをおすすめしました。

1日のトータルの食事量を小分けにする1日5食のダイエットなら、
ダイエットに挫折した方でも続けやすく、
健康的にに減量して理想のボディーに近づける方法として
取り入れてみる価値あると思います。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

こちらの記事も多く読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です