効率のいいダイエットの方法、朝昼夜の食事や必須の運動のこと

誰もが考えるのが簡単に痩せる方法はないの?ということ。
残念ながら結論を言えば「NO」です。

ラクをしては痩せられないけど、効率のいいダイエットならあります。
基本はどこまでいっても「食事と運動」の二本の柱。
今日は、そのポイントを解りやすく説明します。

一読してダイエットに役立ててくださいね。

効率のいいダイエットの方法:朝食はしっかり摂る

ダイエットのためと朝食を抜いている人はいませんか!?

朝食をしっかり食べることで、体が温まって基礎代謝が上がります。

朝食を摂るにつけ「糖質&タンパク質」のバランスを取ることが大事。
タンパク質が不足すると筋肉が減り、基礎代謝も下がってしまいます。

まぁちゃん

納豆、豆腐、卵、味噌汁などをご飯と組み合わた和食が好ましいです。

痩せやすい朝食

最も好ましいのが「和食」。

ご飯に味噌汁、副菜で様々な栄養素を摂ることができます。
(ご飯は血糖値の急上昇を考慮して玄米雑穀米が好ましい)
発酵食品(漬物も含む)も取り入れることが大事。

食材は「GI値」の低いしいたけ、長ネギ、キャベツ、大根、ブロッコリーや
豆、ひじき、昆布、もずく、卵などが良いですね。

健康が気になる方、少しカロリーが気になる方や、体型が気になる方からのご利用が多いです。
【まごころケア食】送料無料

効率のいいダイエットの方法:昼食は充分に摂る

朝昼夜の食事量の理想的なバランスは「3:4:3」。
(昼食は多めに食べますが「腹八分目」の心がけは大事)

昼食を抜く人はあまりいないと思いますが、しっかり食べることで
間食や夕食にお腹がすいて食べ過ぎるということを防げます

お昼ご飯として食べる主食は、お米がベター。
小麦粉を使ったパンなどよりも腹持ちが良いというのが大きなメリットです。
そして「一汁三菜」がベスト!
(炭水化物を過度に控えると、集中力が低下して疲れがたまるので注意)

まぁちゃん

どんぶりもの、一品メニュー、ファストフードは避けましょう。

最近人気のサラダチキンは、ボリュームがあってタンパク質が摂れるし
炭水化物や糖質を抑えたい時にとても重宝。
日によって風味の異なるものを選ぶと良い。

昼食は12~14時頃に摂りましょう。

健康が気になる方、少しカロリーが気になる方や、体型が気になる方からのご利用が多いです。
【まごころケア食】送料無料

効率のいいダイエットの方法:夕食は摂り過ぎ注意

夕食を食べ過ぎると太るってよく言いますよね。
だからといって食べないで抜いてしまうのは
太りやすく痩せにくい体になってしまうのでNG。

ダイエット中の夕食で気を付けること!

・カロリー
夕食のカロリーの摂り過ぎには注意しましょう。
摂り過ぎると太りやすくなるし、翌朝お腹がすかないので
朝食を抜くなんていうことになりがちです。

朝ご飯は、体内時計をリセットするのに有効です。

・食材
カロリーが低く、消化が良いものを選びましょう。
消化が良すぎて夜中に空腹になってはいけないので、
食物繊維」が含まれる食材との組み合わせを考えます。

白身魚や豆、大豆製品は、高タンパク低脂肪なので良いですね。
お肉が食べたいなら、脂肪分が少ない赤身がおすすめ。

まぁちゃん

調理方法は揚げたり炒めたりするものではなく、蒸す、煮るなどがGOOD。
(でも適量の良質な油には腹持ちをよくする効果があるので工夫を。
 えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系の油が好ましい)

夜9時までに 摂るのが理想的です。

健康が気になる方、少しカロリーが気になる方や、体型が気になる方からのご利用が多いです。
【まごころケア食】送料無料

効率のいいダイエットの方法:「運動」は必須

スロースクワットをおすすめします。

ズバリ!筋肉量が増える=基礎代謝量が増えるんです。

特に下半身の筋肉を増やせます。
スクワットで下半身を鍛えると体全体の代謝アップにつながる。
(動画を観ながら行える簡単なものから始めましょう)

まぁちゃん

私が週2回行っているスロースクワットの動画を載せておきますね。

呼吸法有酸素運動で基礎代謝を上げるのもいいですよ。
(血行促進や自律神経の安定にもなります)
ヨガも効果的。

それから、お風呂上りにストレッチをするのもいいですよ。
お風呂上がりの体が温まっている時にストレッチを行うと
基礎代謝を上げるのに効果があります。
10分程度行うだけでも血行促進や基礎代謝がアップ!

慣れるまでは動画など観ながら行うと良いですね。


健康が気になる方、少しカロリーが気になる方や、体型が気になる方からのご利用が多いです。
【まごころケア食】送料無料

<まとめ>

効率のいいダイエット方法を食事を中心にご紹介しました。

むやみやたらに食べる物を減らすのでなく
痩せるために守りたいことの基本をきちんと押さえて
計画的にダイエットを行うのが賢いですね。

食べて痩せるを目指しましょう。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

こちらの記事も多く読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。