ミートファーストダイエットが内臓脂肪を落とすのに有効です!

年令とともに増えやすくなるのが内臓脂肪
皮下脂肪は体の熱を保ち免疫力アップなど良い面がありますが、
内臓脂肪が増えるのは何も良いことがありません。

危険な生活習慣病の原因となる厄介な内臓脂肪ですが、
実は、増えやすいのですが減りやすくもあります。
その有効な方法のひとつが「ミートファーストダイエット」なんです。

内臓脂肪を落とすミートファーストダイエットのやり方

タンパク質は、筋肉の原材料であることはご存じですよね。

野菜を先に食べる「ベジファースト」は知られるところですが、
野菜食べることで満腹になるとタンパク質不足になりかねません。

そこで大事になるのが肉から食べるミートファースト
肉→野菜→炭水化物(糖質)の順番で食べます。

ミートファーストダイエットのやり方3つの手順

1.最初に肉を食べ、最後に主食(ご飯・パン・麺)を食べるようにします

2.肉以外の食材をバランスよく食べる

3.よく噛んで、時間をかけてゆっくり食べる

こうして食べることで食欲中枢に作用して食欲が抑えられ、
痩せホルモンが分泌されやすくなります。

肉は腹持ちがよいので間食防止に役立つし、血糖値急激に上がらず
脂肪が蓄積されにくいというメリットがある。

まぁちゃん

肉を先に食べて痩せるミートファーストダイエットが最近大人気。

誰でもカンタン糖質コントロール!RIZAPの「ダイエット宅食」、誕生!

内臓脂肪を落とすミートファーストダイエット以外の要素

・しっかり空腹を感じてから食事をすること。
 空腹感がないのに食べることは避ける
 内臓脂肪を減らすために不可欠といっても過言ではありません。

・睡眠を充分に取る(最低7時間)
 ダイエットに睡眠が大事とは聞いたことあるかもしれませんね。
 睡眠時間が不足し、睡眠の質が落ちると、
 食欲をアップさせるホルモンが過剰に分泌、食欲を抑えるホルモンが減少
  (食欲が湧きやすくなってしまう)

・日常生活の活動でカロリーを消費する
 ダイエットのためにジム通いや運動で消費されるカロリーは
 ごくわずかなんです。

 階段の上り下り回数を増やすとか、こまめに立ち上がるとか
 ちょっとしたことを工夫しましょう。
 (筋肉量が増えれば内臓脂肪もつきにくい

・インターバル速歩を取り入れる
 内臓脂肪燃焼には水泳ウォーキングなどの有酸素運動が有効。
 ウォーキングで「ゆっくり歩く」と「速めに歩く」
 3分間ずつ交互に繰り返す(1日18分、週4日が目安)。

まぁちゃん

正しい姿勢で大股歩きを心掛けると良いですね。
お買い物の際にもできますよ。

誰でもカンタン糖質コントロール!RIZAPの「ダイエット宅食」、誕生!

ミートファーストダイエット:タンパク質が重要な理由

肉にはタンパク質が豊富に含まれていますが、
タンパク質・炭水化物・脂質を三大栄養素と呼びますよね。

三大栄養素を全て同じ分量食べた場合、
食欲を満たして抑える効果があるのはタンパク質のみ
研究で証明されています。

このことから最初にタンパク質を摂ることで、
自ずと主食の量も減ってダイエットにもつながります。

一日にタンパク質を摂る量の目安は、
自分の体重×1g(体重50kgの人は50g)が適量。
この程度の少量で効果は充分あるので摂るようにしましょう。

まぁちゃん

牛の赤身肉のタンパク質は「良質」です。
 脂肪を燃焼させる働きを持つアミノ酸の一種L‐カルニチンを含み
 内臓に脂肪がつきにくいんです。

こちらの記事も多く読まれています

ミートファーストダイエット:豚肉は太りにくい

豚肉にはコレステロールを下げる役割があります。
あまりの多量の摂取は問題外ですが、
豚肉に含まれているオレイン酸にコレステロールの抑制効果があります。

溜まった悪玉コレステロールを減らし、メタボ体質を防いでくれます^^
これは嬉しいことです。

動脈硬化を防いだりもしてくれるので、積極的に食べたい食材です。

まぁちゃん

糖質制限ダイエットでは肉類全般OK。

豚肉の栄養と効果・効能

・豊富なタンパク質

 タンパク質というと=筋肉というイメージですが、
 臓器や皮膚、髪、爪など体ののあらゆる組織を作るという効能を持ちます。
 豚肉に疲労回復効果があるのは知られるところ。

・ビタミンB1の含有量は牛や鶏肉の10倍

 ビタミンB1が豊富に含まれていて
 糖質をエネルギーに変える栄養分です。
 ビタミンB1が不足すると疲労感や倦怠感を感じます(=夏バテ対策に良い)。

誰でもカンタン糖質コントロール!RIZAPの「ダイエット宅食」、誕生!

<まとめ>

ベジファーストとミートファースト、どちらもダイエットに効果的。
炭水化物を後半に食べることが大事。

ただ、食欲を満たして抑える効果があるタンパク質を摂るなら
ミートファーストの方がおすすめ!

今現在は「ミートファーストダイエット」が主流です。

お肉から食べることで少量でも満足感・満腹感が得られます(=食べ過ぎ防止)。
これからは食べる順番を実行してダイエットを図ってくださいね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

RIZAPの食事メソッドを1食に凝縮!【サポートミール】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です