毎月29日は「肉の日」・ダイエット中こそお肉を食べよう!牛、豚、鶏肉の特長

毎月29日は「肉の日」です。

ダイエット中だからとお肉を控えていませんか!?
実は、お肉はダイエットの強い味方。
ダイエット中こそお肉を食べるべきです。

今日は、牛肉・豚肉・鶏肉別に各お肉の特長をご紹介。
肉好きの方には必見の話題ですよ!

簡単にローストビーフを作るレシピも後半でご紹介します。

ダイエット中こそお肉を食べよう!赤身の肉がおすすめ

積極的に赤身肉を摂ることで燃焼ボディになります!

お肉=太るものだと思っていませんか? 
最近の研究で、それは間違いだということが判明。

ダイエットの敵と思われてきたお肉こそ、
実は美容と健康のために意識して食べたい食材なんです。

動物性タンパク質が豊富な赤身の肉。

まぁちゃん

タンパク質とは、
炭水化物・脂質とともに並ぶ人間の必要な三大栄養素のひとつです。
「この3つがバランス良く摂れて初めて燃焼する身体になります」

お肉は食べたほうが痩せやすい。
 お肉は、筋肉の材料となるタンパク質源。
 摂ると筋肉がつきやすくなり、基礎代謝アップにつながります。
 特に赤身肉には、脂肪燃焼を促すL-カルニチンも豊富。

 また、お肉を食べると体が熱くなる感じがしますが、
 これは消化するのに多くのエネルギーを消費するから。
 つまり代謝がアップするのです」

まぁちゃん



牛肉にはL-カルニチンが、豚肉には代謝に必要なビタミンB群
 鶏肉にはタンパク質が豊富。

メニューが豊富ですべて低糖質・低塩分のところが
気に入っているので利用しています。
糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」

ダイエット中こそお肉を食べよう!牛肉の特長

焼肉やステーキといえばやはり牛肉が美味しいですね。
どの部位もタンパク質の他に、美容ビタミンといわれるビタミンB2
吸収されやすいヘム鉄、余分な脂肪を分解してエネルギーに換える
L-カルニチンなど、女性に嬉しい栄養素が豊富。

まぁちゃん

牛肉は高タンパク質なので、筋肉を作るのに良い。
筋肉量があると基礎代謝が上がり、太りにくくなります。

脂肪の多い牛肉は高カロリーですが、
脂肪の成分の中には脂肪の燃焼を助ける脂肪酸もあります。

部位としては、ヒレ・もも・肩が、脂肪が少なく鉄分が多く含まれるので、
特にダイエット向きですね。

<牛肉の4つのダイエット効果>

腹持ちが良い(間食を抑えることができ、カロリー制限につながる)
タンパク質が豊富(特に赤身肉にはカルニチンが豊富)
・血の巡りを早くする効果
痩せ体質になる効果

まぁちゃん




(タンパク質を多く摂取、筋肉もつきます、
   そして間食などの糖質を抑えることもできるから痩せ体質に)

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」

ダイエット中こそお肉を食べよう!豚肉の特長

豚肉はダイエットの強い味方

“ダイエット、肉類は控えて野菜をたくさん摂りましょう”
というのは、ひと昔前の話。

最近では、お肉中心のダイエットが注目されているのです。

まぁちゃん

また、ダイエットでお肉と言えば鶏肉が定番でしたが、
豚肉がダイエッターの強い味方となる食材なんです。

ダイエット以外にも美容にも良く、
更に高齢者の方にお肉を食べることを奨める話も多いです。

豚肉は何でダイエットに良いのか

カルニチンで脂肪を燃やす!
 (カルニチンは野菜には含まれない成分です)

ビタミンB群で血の巡りが早くなる。
 (血の巡りが早くなることで、脂肪をためにくくしてくれます)

・ポークペプチドでコレステロール低下と血栓防止

・アラキドン酸は、脳をリラックスさせてくれ満腹感にもつながります。

ロイシンは、筋肉を作る必須アミノ酸の一種
 (ダイエット効果がより期待できます)

まぁちゃん


ざっと挙げてもこれだけの良い点があるんです。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」

ダイエット中こそお肉を食べよう!鶏肉の特長

鶏肉は、何といっても高タンパク質
タンパク質は筋肉や内臓、皮膚などを作る重要な働きをします。
鶏肉にはそのタンパク質が豊富に含まれているのです。

<部位別タンパク質量>

モモ肉19.0g むね肉23.3g 手羽元18.2g ささみ23.0g 皮9.4g

100gあたりの鶏肉のタンパク質量です。
特に鶏むね肉ささみには豊富に含まれているといえます。

まぁちゃん

それから特筆すべきは、基礎代謝を上げ痩せやすい身体を作るということ。

基礎代謝の中でもっともエネルギーを消費するのは筋肉です。
筋肉量が増えれば基礎代謝があがり、痩せやすい身体になります。

同じ鶏肉でもモモ肉よりもむね肉ってお財布にやさしいですよね。
低脂肪・低カロリーで高タンパクな鶏むね肉は、
アスリートやダイエッターにはおなじみ食材です。
とってもヘルシーで、お値段は牛・豚肉よりも安い。

低カロリー・高タンパクなだけでなく、
エネルギーの血の巡りを早くするビタミンB群や、
皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAも多く含まれているのが特長。

B群の中でも特にB6、ナイアシン(B群の一種)が多く含まれています。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」

ローストビーフ簡単レシピ

<用意するもの>

牛ももブロック 300gほど
・塩
・油
・ラップとアルミホイル

<作り方>

・牛肉に塩を塗り込み、フライパンに油を入れて熱し
 肉全体に焼き色をつけて取り出します。

・粗熱が取れたらラップで二重に巻き、
 アルミホイルを巻く。
 薄い袋に入れて口を閉じます。

・鍋に多めに水を入れて沸騰したら肉を入れ5分加熱。
 火を消して15分放置して出来上がりです♪

※牛ももブロックは売り出しの時に買うとお買い得。

まぁちゃん

※薄切りしにくい時は、二時間ほど冷凍庫に入れてから切ると良い。

冷めても美味しいローストビーフ、簡単に作れるのでお試しあれ!

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」

<まとめ>

お肉とダイエットについて書きました。

牛肉は、タンパク質が豊富で痩せ体質になる効果、腹持ちも良い、
豚肉に含まれるカルニチンには、脂肪を燃やす作用が
鶏肉は、低脂肪・低カロリーで高タンパクです。

一見、太ってしまいそうなお肉ですが、
ダイエットに効果的ということがお解りいただけたかと思います。
もちろん、食べ過ぎれば太りますけどね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

【nosh – ナッシュ】ヘルシー(低糖質・低塩分)な宅食サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です