今日は「七草粥」の日、低カロリー&ヘルシーでダイエットに効果的

こんにちは。

元旦から七草までの流れが何とも早い。
お餅やおせち料理で胃腸もお疲れ気味ではないでしょうか。

そんな頃に七草粥の日を迎えるわけで
何ともいいタイミング・うまくできてる風習です。

今日は七草粥の話題です。
皆さんもお腹をいたわって食べてはいかがでしょうか。

今日は「七草粥」の日、ダイエットに効果的

毎年スーパーで「七草粥(ななくさがゆ)」セット(7種の野菜入り)を
買ってきて作って食べています。

おせちで疲れたお腹に優しいし、ダイエット的にもいいですね^^

まぁちゃん

(おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな
  栄養素を補うという意味があります)

・おかゆが炊きあがったら、刻んだ七草を入れます。
・軽くかき混ぜ、お好みで塩を加え、味を整えてできあがり。
  (醤油で味付けをし、「おじや」的にしても美味しいですよ♪)

ダイエットにいい春の七草とは

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、
子どものころに一生懸命覚えた春の七草の名前です。

まぁちゃん

ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブスズシロはダイコンのこと。
この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。

七草の種類は時代や土地によって異なり、七草がもっと多くなったり、
少ない場合もあったそうですが、いつの時代もどんな土地でも、
年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と
願いながらお粥をいただくその気持ちに差はありません。

薬膳マイスター養成講座、まずは無料資料請求から

1月7日になぜ七草粥を食べるの?

ところで、なぜ七草粥なのでしょう。

七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。
そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのです。

古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。
こんな、おまじないのような食べ方も素敵ですが、
実はこの七草粥、とても理に叶った習慣です。

まぁちゃん

七草はいわば日本のハーブ
そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、
正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。

また、あっさりと仕上げたお粥は、
少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても新鮮な味わいなんです。

薬膳マイスター養成講座、まずは無料資料請求から

<PR>薬膳マイスター養成講座・無料資料請求

「薬膳=和漢膳」を楽しくマスター!『薬膳マイスター養成講座』

本講座では、薬膳マイスター(和漢薬膳師)の資格が取得できます。

おいしく食べて健康生活を実現する、
新しい薬膳の知識・実践法が身につく

●薬膳とは?

薬膳とは3,000年の歴史がある、中国生まれの健康料理のことです。
病気の予防や回復を目的として作られる料理で、
「薬膳」という言葉の中にはそういった医学的、学問的な要素も含まれています。

大変に広い知識が必要なので、日本ではなかなか広まっていませんが、
その薬膳を日本の食卓に取り入れやすくアレンジされた「和漢膳」に焦点
を当てている講座ですので、薬膳の世界にすんなりと入っていけます。

家族(特にお子さん)にもしっかり食べてもらえるレシピを調理過程から
料理番組を見るような感覚で楽しみつつ、ステップアップできる教材です。

風邪予防、減量などに和漢膳を用いる方が多いようです。資格も取れますし
家族の健康のために専門的な知識を学ぶのも良いですよね。

     和漢膳にはこんな効果が!■

  ●健康的なダイエット・美容対策ができる
  ●「冷え性」「便秘がち」などの体質改善に役立つ
  ●「風邪」「胃痛」などの体調不良に対応できる
  ●ストレス対策や、能力アップにも効果的


薬膳マイスター養成講座、まずは無料資料請求から

<まとめ>

低カロリー、ヘルシーでダイエットにも効果的な
「七草粥」についてご案内しました。

お正月料理で疲れた胃腸を休めるのに良い七草粥。
早春にいち早く芽吹く七草は邪気を払うといわれ、
これを食べ1年の無病息災を祈ります。

是非、作って食べてくださいね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

こちらの記事も多く読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です