夏バテでも食べやすい4つのメニュー&ダイエット上の注意点

皆さんは夏バテは大丈夫でしょうか。
猛暑ですから誰でも食欲不振になることは
あるのではないでしょうか。

今日は、そんな際に食べやすい4つのメニューをご紹介。
ただ、ダイエット的には好ましくない共通点があります。
そのあたりのところもお話しますね。

夏バテでも食べやすい「とろろ飯」、ダイエット上の注意点?

とろろのカロリーは1人前で約85kcal
150gのご飯(普通盛り・252kcal)にかけて食べると全体で約340kcal
低カロリーですよね。

それなのに太ってしまうことがあるんです。

とろろご飯は、よく噛むことなくご飯を飲み込むようにして食べてしまうので
満足度は少なく腹持ちが悪いんです。
すぐにお腹が減ってしまうということになりますね。

他の食事や間食の量が増えてしまい、
これが太ることにつながってしまうのです。

まぁちゃん

ヘルシー食という思い込みがありますから、安心感から食べ過ぎにもなりがち。
食べ過ぎるとご飯の糖質の摂取も増えてしまいます。

山芋のGI値は「75」、長芋は「65」と高く太りやすい食材に入ります。
  (きのこ類などは「30」以下です)
とろろ飯は野菜を摂っているから大丈夫と思わずに
以上のことを頭に置いて食べるようにしましょう。

とろろの良い点

水溶性食物繊維を含みます。
・血中のコレステロール値を下げる
食後の血糖値の上昇を押さえる
・腸内バランスを整える効果 など

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

夏バテでも食べやすい「納豆ご飯」、ダイエット上の注意点?

では、一食がとろろ飯と同じくらいのカロリーの納豆ご飯はどうだろうか。
こちらもよく噛まずに飲み込むという点では同じ。
生卵もかけて食べれば尚更です。

そうしたデメリットがある反面、納豆は大きな効能・効果を持ちます。

ダイエットに役立つ
  ビタミンB群は太りにくい体作りを助ける
・ネバネバ成分のナットウキナーゼ代謝アップの作用
・納豆菌は腸内環境も改善し便秘によい

ダイエットには「納豆ご飯」がおすすめ!

白米に納豆を加えることでGI値が「68」にまで下がります。
   (白米のご飯を「100」とした指標で)
血糖値の急激な上昇を抑え、普通にご飯を食べるよりも
脂肪の吸収を抑えやすくなり、太りにくくなるんですよ。

まぁちゃん



ダイエット中には1日1パックの納豆を使った納豆ご飯を。
 便秘の人は納豆を夜に食べるのがベスト!

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

夏バテでも食べやすい「お茶漬け」、ダイエット上の注意点?

夏バテで食欲がない時に食べやすいのが「お茶漬け」。
サラサラっと流し込めるので、よく噛まないという点では好ましくない。

でもこの手軽に食べられるお茶漬けがダイエットにもよいと聞けば捨て置けない。

お茶漬けのカロリーは、ご飯一杯分と鮭や梅干しなどの具のカロリーになります。
市販のお茶漬けの素を使うことも多いかと思います。

ダイエット的には面倒な準備をせずに食べられるお茶漬け。
水分の摂取ということも大きなポイント。
水分はお腹に溜まりやすいですし、ご飯を吸って量が増えるので、
同じ摂取カロリーでも満足感を得やすいんですよね。

やり方は、いたってシンプル。一日一食をお茶漬けのみにすること。
 (置き換えダイエットの感じです)
二食を置き換えることも可能ではありますが、
栄養不足や飽きることを考えれば一日一食に留めるのがよいでしょう。

まぁちゃん



夕食を置き換えるのが、一番ダイエット効果を期待できます。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

夏バテでも食べやすい「冷や汁」、ダイエット上の注意点?

夏バテ予防にさっぱり「冷や汁」がおすすめ。
猛暑でお疲れ気味・夏バテ気味の時に良いのが「冷や汁」(ひやじる)

<メイン材料>豆腐・きゅうり・ミョウガ・味噌・すりゴマなど。

<作り方>

1 ボウルに豆腐・味噌・すりゴマ・水・顆粒だしを入れてよく混ぜる。
  豆腐はぐずぐずにして良い。
  美味しさにも健康にも「すりゴマ」がいい役を果たします。

2 きゅうりは薄い輪切り、ミョウガは細切り、
  すりおろしショウガを(1)に加える。
   (なくても良いですがショウガは夏バテに効果的
  好みで鶏ささみ・ツナなど入れても美味しいです。

3 冷蔵庫でよく冷やして青じそ を飾って出来上がり♪

冷や汁だけでも良いですが、ご飯にかけでもさらっと食べられます^^
さっぱり系でも栄養たっぷりです。

まぁちゃん




ダイエット的には、やはりよく噛まずに流し込みがちなので
意識してよく噛んで食べるようにしましょう。


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

<まとめ>

取り上げた「とろろ飯」「納豆ご飯」「お茶漬け」「冷や汁」は、
いずれも時間がない時でも食べやすい。

でもダイエット成功で大事な「よく噛む」ということは怠りがち。
難かしいことですがダイエットという目的のためには
「意識して」よく噛んで食べるようにしましょう。

今日も最後までお読みいただき有難うございました。

こちらの記事も多く読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。