私のダイエット成功談!あなたにちょっとした秘訣をご紹介

ダイエットの方法はたくさんありますが、
成功食事の節制が重要なのは紛れもない事実。
まぁ、それができないから苦労する訳ですが。

今日は、私のダイエット成功談として
ちょっとした秘訣をご紹介したいと思います。

あなたの考えと合致すれば幸いです。

私のダイエット成功談:ニセの食欲に惑わされない

食欲イマイチなのに食事の時間になったからと
普通に食べたという経験はないでしょうか。

気を付けたいのは「ニセの食欲」。
このニセの食欲は食べ過ぎにつながります。

食欲があって食べたいという気持ちが沸いているならともかく
それほど食べたくないのに食べ込むのはよくありません。
(もちろん、食べたいという気持ちの時は
  「腹八分」を心掛けるべきです)

食べていて「満腹感」を感じたら食べるのを止めることが大事。
これ、痩せる秘訣です!!(残す勇気)

まぁちゃん



本当の食欲ニセの食欲かを見極めるクセをつけましょう。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

私のダイエット成功談:食べる量は「70g」にこだわる

ダイエット、一個70gのおにぎりって!?

ご飯は一個80gのおにぎりを作って冷凍保存していました。

ところが、持病の糖尿病の数値が良くなかった時に
何とおにぎり一個を70gにしたらどうかと主治医に勧められた。
若干の抵抗もあったけど、実行しました。

白米2カップ、雑穀米1カップ、計3カップを炊くと
一個70gのおにぎりが「13個」できます。
ちなみに80gのおにぎりだと11個できます。

まぁちゃん

小さいおにぎりって結構使い勝手が良く
2個食べると140gのご飯と計算しやすく食べる目安になる。

主治医推奨は、朝・昼・晩=2:1:1個だ。
昼食をたっぷり食べるのは好きではないみたい。
(鵜呑みにはせずに)一応の目安にはしています。

スパゲティ乾麺の使用は「70g」に留める

市販されているそばうどん乾麺1食分(1束)は100gになっています。
スパゲティも100gと考えてこれを茹でると、何と240gにもなります。
ご飯に換算すると驚きのどんぶり飯1杯分と同じ。
このことからスパゲティ乾麺100gは明らかに食べ過ぎ

スパゲティ乾麺100gのカロリーは 378kcal です。
これを70gの使用に留めると 265kcal で済みます。
110kcal も減らせるわけです。
(ちょっとの工夫で太りにくくなる)

まぁちゃん

スパゲティ乾麺70gは、茶碗1杯のご飯とほぼ同じ糖質量です。

これ、結構重要ポイント!

70gというと何か物足りない気がするかもしれませんが
結構お腹は満たされるし、たくさん食べたい方は具を工夫しましょう。
野菜でかさ増ししても良いし、きのこ類など入れるのも良いです。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

私のダイエット成功談:体重測定で反省点チェック

体重測定は必要ないという記事をよく見かけますが、
私はダイエットに活かしています

具体的には起床時と夕食前に体重をはかり増減をチェック。
一喜一憂することもないわけではありませんが
体重が増えてしまっていたななら、翌日の食生活を気を付けて
即対処しています。

何を食べて太ったのかを振り返り、体重増加を長引かせない
その姿勢維持が好結果につながっています。

まぁちゃん




一喜一憂で終わってしまっては意味がない。
体重測定で反省点をチェックして明日に活かすことって大事です。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

私のダイエット成功談:宅配・冷凍弁当の活用

自分ではなかなか食事の管理ができないと実感。
冷凍弁当を取り入れてダイエットに活かしています。
その成果もあって4月からのダイエットで3.5キロ痩せに至る。

多くの宅配・冷凍弁当が管理栄養士さんが監修しています。
ダイエット食のお手本といっても過言ではありません。

費用がかかることですから毎日食べるという訳にはゆきません。
また、毎日食べていたら飽きてしまいます、
時折食べるだけでも充分参考になっています。

あなたも取り入れてみてはいかがでしょうか。


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

<まとめ>

私のダイエット成功の秘訣をご紹介しました。
食事は適度に摂る分には良いのですが、問題は食べ過ぎ。
食べ過ぎれば太ると理屈は至ってシンプル。

食べることは楽しみでもあります。
今日挙げたいくつかの秘訣で気に入ったものがあれば取り入れて
楽しみつつダイエットを図ってくださいね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

こちらの記事も多く読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。