ダイエット効果が期待できる唐辛子活用法/美味しいメニューも紹介

唐辛子や生姜・にんにく、
実は、基礎代謝アップにとっても効果的な食材なんです。
適度な運動や、睡眠なども大切ですが、
毎日する食事から、基礎代謝を上げることもできる訳です。

今日は、唐辛子に焦点を充ててその活用法
唐辛子使用のメニューも紹介します。

ダイエット効果が期待できる唐辛子:カプサイシンで代謝アップ

唐辛子に含まれるのはご存じカプサイシン
アドレナリンが分泌され、脂肪が燃えやすくなり
エネルギーの代謝も活発になります。

カプサイシンは、腸のぜん動運動を活発にしますから便秘解消にも良い。
代謝UPにもつながります。

(脂肪の燃焼を助けてくれるのは辛みの素のカプサイシン。
 カプサイシンには脂肪の分解を促す働きがあることから、
 ダイエットにつながる。

まぁちゃん

脂肪の分解を促す」というのがポイント。
ただし、あくまでも痩身への補助的な働きということで、
「脂肪を燃焼させる」のではないので念のため!)

味噌汁、パスタ、スクランブルエッグに加えるなどの摂り方で。
生姜と同様に摂り過ぎは胃腸に良くないので「プラス」するという程度で。

唐辛子を使った万能調味料「すりだね」のレシピ

万能調味料すりだね」。
うどんにラーメンにと使い方は工夫次第です。

<材 料>

ごま油25ml 七味唐辛子10g 一味唐辛子10g 味噌10g 酒少々

私の買った七味唐辛子、一味唐辛子は1袋14g入りでした。

<作り方>

・フライパンに七味唐辛子、一味唐辛子を入れて30秒乾煎りします。
辛いのが苦手な方は、七味唐辛子の方を多くすると良い。

・酒でのばした味噌を加えて混ぜ合わせる。
・160℃に熱したごま油を加えて10秒ほど炒める。
・香りが立ったらできあがり♪

まぁちゃん

冷蔵庫で半年ほど保存が可能です。
好みでニンニク、山椒、砂糖を加えると、更に深みが出ます。

簡単に作れるのでお試しあれ^^

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

ダイエット効果が期待できる唐辛子:キャベツと桜えびのペペロンチーノ

<メイン材料>キャベツ・桜えび

キャベツ利用のペペロンチーノです。
お相手の具は桜えびにしました。

スパゲティー乾麺(ダイエット中につき70gのみの使用)を
茹でます(100均の専用器具を使うと便利)。

・オリーブオイルでニンニク(みじん切り)や輪切り赤唐辛子を炒め、
1㎝ほどの幅に切ったキャベツも加えて更に炒める。

・一旦火を止め、桜えびを入れて余熱で炒める。
茹で上がった麺を入れる。

・味付けは、塩・コショウ・顆粒だし

たったこれだけで美味しいペペロンチーノが作れます。

まぁちゃん

キャベツを多くするのがポイントです!

ダイエット効果が期待できる唐辛子:こんにゃくと甘唐辛子の炒め物

こんにゃく&生しいたけと甘唐辛子の炒め物

スーパーで目に留まったのが甘唐辛子(辛さ控えめ)。
こんにゃく&生しいたけと一緒に炒め物にしました。

メインに据えたのはこんにゃく。材料はこの三点のみです。

・コンニャクはスライスして油をひかないフライパンで空炒り。
  ある程度水分を飛ばします。
・油を入れカットした甘唐辛子・生しいたけとともに炒める。
・味付けはシンプルに醤油と顆粒だし。これで出来上がり♪

晩酌のおつまみにもとってもよく合います。

まぁちゃん



甘唐辛子がなかったらピーマンししとうに置き換えてもOK。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

ダイエット効果が期待できる唐辛子:便秘にいい「きんぴら」

少ない材料で作れて食物繊維がしっかり摂れる「きんぴらごぼう」。
作り置きすると重宝でお弁当のおかずにもバッチリです。

<材 料>

・ごぼう 1本
・ニンジン 1/2本

(調味料)醤油 砂糖 酒 みりん 顆粒だし ごま油 煎りごま

<作り方>

・ごぼうの泥汚れを落とします。
 (洗ったものが売られていることも多いですね)
 丸めたアルミホイルを使うと良いです。

・ごぼうは長さ5~6センチ、厚さ2~3ミリくらいに細切り。
  皮には栄養たっぷりなのでむきません。

・水を張ったボウルに切ったごぼうを入れて、
 5分程度つけた後、ザルにあげて水気をしっかり切る。

・ニンジンも同様に細切りします。

・フライパンにごま油を入れて熱し、ごぼうとニンジンを加えて
 中~強火でしんなりするまで炒めます。
 酒を入れて更に炒めます。

・調味料の醤油、砂糖、みりん、顆粒だしで味付け。
 味の濃さは好みですが、私は濃い味が好き。

まぁちゃん

汁がなくなるまで炒めます。
この時に輪切り赤唐辛子も入れるとピリ辛で美味しいですよ。

・煎りごまを振りかけて完成。
 煎りごまは好みですが、入れるとグンと味が引き立ちます。
 冷ますことでよく味がしみ込みますよ。

ダイエット効果が期待できる唐辛子:便秘にいいキムチ納豆

乳酸菌×納豆菌で便秘解消

キムチには乳酸菌が多く含まれていて、腸内で「善玉菌」として働きます。
納豆に含まれている納豆菌は、胃を通過して腸まで届くのですが
そこで乳酸菌を増やすためのエサとなり大活躍。

まぁちゃん

腸内の乳酸菌、善玉菌が増えることによって腸内環境が整い、
便秘解消になります。

◎キムチ納豆を食べるタイミング

納豆というと朝に食べるイメージですが
納豆の効果「夜」に食べることで発揮されるんですよ。
ですから、夕飯時に食べるのがおすすめ!

寝ている時に成長ホルモンが分泌されますが
納豆に含まれている「アルギニン」が成長ホルモンの分泌を促します。

<納豆の効能・効果>

・血糖値上昇抑制
・血栓症抑制
・更年期症状緩和
・アンチエイジング など


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

<まとめ>

唐辛子に含まれるカプサイシン、脂肪が燃えやすくなり
エネルギーの代謝も活発になります。
腸のぜん動運動を活発にするので便秘解消にも良い。

摂り方のポイントは、
味噌汁、パスタ、スクランブルエッグに
ちょっと「プラス」するという程度で。

美味しいメニューも紹介したので、お試しあれ。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

こちらの記事も多く読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です