糖質制限ダイエットの効果が出る目安は2週間目&低糖質レシピ3選

糖質制限ダイエットの効果って一体いつから効果が出るのだろう?
どのくらいの期間やったらいいのだろ?
そんな疑問は湧きませんか。

効果の出るメドやゴールが見えていると取り組みやすいですよね。

今日は、そのあたりをご説明します。
併せて簡単な低糖質レシピを3つご紹介しますね。

糖質制限ダイエットの効果が出る目安は2週間目

ケトン体という言葉は聞いたことがあるかもしれません。

ケトン体とは、ご飯をあまり食べずに栄養が足りなくなった時や
長時間の運動をした時ににエネルギー源として使われるもののこと。

ケトン体の増加=脂肪がよく燃えます。

ケトン体が出始めるのは個人差がありますが
概ねダイエットを始めて2週間目くらいからです。
(間違った糖質制限だと出ないし、3日で出る人もいる)

ケトン体が出れば、1~2週間目で脂肪燃焼による体重減少を実感できます。

このように糖質制限ダイエットが成功するには
「ケトン体」が大きく関係しています。

まぁちゃん

ケトン体になっている状態の時に1度でも糖質を取ってしまうと、
 また1からのスタートになってしまうのでご注意を!。
ちなみに、ケトジェニックは糖質制限ダイエットの一種です。

糖質制限には4つの種類があります。

・スーパー糖質制限(ケトジェニック):1食あたり10~20g、1日30~60gが目標。

・スタンダード糖質制限:1日の糖質の摂取量は70~100gが目標。

・プチ糖質制限:1日の糖質の摂取量は110~140gが目標。

・ロカボ:1食あたり20~40g。 間食は10gまで。1日の摂取量は70~130gが目標。

引用元:RETIO BODY DESIGN

糖質制限ダイエット1週間だけでは効果が望めない理由

糖質制限を意識すれば体重は多少は落ちて痩せます。
でもそれは体の水分量が減っているだけで脂肪は燃えていません
 (糖質1gあたり3gの水分を持っています)

ですから、糖質制限ダイエットは2週間目からがスタートと考えましょう

RIZAPの「ダイエット宅食」高たんぱく低糖質を簡単に♪

糖質制限ダイエットの効果が出る実践要領・注意点

糖質制限ダイエットでは「食事」を充分に摂りながらのコントロールが大事。

様々な食材に糖質が糖質が含まれているので気を付けましょう。
知らないうちに糖質を摂っていたということはよくあります。
食材の買い物をする際は「糖質」を確認する習慣を!

<糖質制限ダイエットの要領>

3ヶ月を目安に行う
・1日の糖質摂取量は「50g」程度にする
・糖質を制限しつつ「脂質」を積極的に摂る
  糖質から使用するエネルギーを脂質に切り替える!
炭水化物は一気に減らすのがポイント

<糖質制限ダイエットの4つの注意点>

1.糖質100%カットは考えない

  極端な糖質制限だと続かないし
  仮に結果を出せてもリバウンドの元です。

  適量の糖質は健康に良いと心得るべき。

2.食物繊維を充分に摂ること

  糖質制限を考えると炭水化物を減らすことが多いと思いますが
  これは食物繊維不足になりがち(便秘や肌荒れになる)。
  海藻類等でしっかり食物繊維を摂りましょう。
  ※ご存じと思いますが
    炭水化物=糖質+食物繊維です。

3.タンパク質は、1日に「体重×2g」以上を摂ること
  タンパク質の摂取は極めて大事です。
  プロテインを取り入れるのも良い方法。

4.調味料の糖質量も考慮すべき

  見落としがちなのが調味料の糖質量です。
  糖質が高いみりん、料理酒はもとより
  ノンオイルドレッシングやカロリーハーフマヨネーズもNG。
  焼肉のタレに至っては、大さじ2杯分で1食分の糖質を超えます。

健康に良いとされる和食(魚の煮付けや肉じゃがなど)も
糖質の点で見れば不健康食
ノンオイルドレッシングはカロリー制限ダイエットでは良い食材ですが
糖質を含むので摂って良いとはいえません。

RIZAPの「ダイエット宅食」高たんぱく低糖質を簡単に♪

糖質制限ダイエットの効果が出る簡単レシピ3選

レシピ1.こんにゃくとタケノコとの煮物

<材料>こんにゃく、タケノコ(水煮のものでも良い)

<作り方>

こんにゃくとタケノコの煮物でカロリー調整。
限りなく低カロリーの煮物でダイエットでの調整に適した一品。

こんにゃくの下ごしらえは下記の要領で。
切れ目を入れてひねる手綱(たづな)こんにゃくにしました。

味付けは糖質を考えて沖縄の海塩「ぬちまーす」に和風顆粒だし。

20分ほど弱火で煮たら火を止めて味を煮含ませてできあがり。
こういうメニューを時々取り入れるといいんですよね^^

お悩み「こんにゃくに味がしない」

実は、こんにゃくに味がしみていないのではなく、
舌が味を感じていないとのです。
こんにゃくに切れ目などを入れて、下ゆでせずに出汁に漬けておく。
この時、火に掛ける必要はない。半日~1日おけば十分
これで、こんにゃくも美味しく感じます。

こちらの記事も参考になりますよ

レシピ2.アボカドと豆腐のサラダ

断糖高脂質食で食べてよい野菜のひとつにアボカドがあります。
そのアボカドメインの一品です。

<材料>アボカド・豆腐・レタス・トマト・大葉

<作り方>

・アボカドは半分に切って種を取り、食べやすい大きさに切って
  レモン汁をかけておく。(変色を防ぎます
・豆腐は水切りし、こちらも食べやすい大きさにカット。
・トマト、大葉は細切りで。レタスは手でちぎる。

ナンプラー、酢、オリーブオイルを合わせたドレッシングを入れ
  豆腐が崩れないようにサッと和えれば出来上がりです
 豆腐の種類は好みですが、絹ごし豆腐の方が美味しいと思います。

ヘルシーで栄養も摂れるサラダで美味しいです^^

レシピ3.もやし炒め

<材料>もやし・ピーマン・豚バラ肉

<作り方>

・フライパンにオリーブオイルを入れます

・豚バラ肉を入れてよく炒めたら
 もやしと種を取って縦長に切ったピーマンを入れて
 強火でさっと炒める。

・味付けは沖縄の海塩「ぬちまーす」(ミネラルを多く含む)

どうぞ、参考にしてくださいね。

RIZAPの「ダイエット宅食」高たんぱく低糖質を簡単に♪

RIZAPの食事メソッド、糖質制限・冷凍弁当【サポートミール】

豚の生姜焼き(トレー入)

★☆ RIZAPから「高たんぱく低糖質」な宅食誕生! ☆★  

【1】ダイエットしたいけど、
    糖質コントロールって何をすればいいのかわからない…
    
【2】栄養を気にしたいけど、、食事管理が長続きしない…そんなあなたにおすすめ

<食べてみての感想>

RIZAPというブランドに惹かれて購入しました。
思ったよりも副菜の味が美味しく仕上がっています。
栄養等がきちんと計算されているのが嬉しいし、安心できる。
自分で揃えるは難かしいことです。
一食あたりの糖質が9~11gに抑えられているのは
私の希望に合っていました。あなたもいかがですか。
できればもう少しお安いと助かるのですが^^

サポートミール♪ 詳しくはコチラ↓

RIZAPの「ダイエット宅食」高たんぱく低糖質を簡単に♪

<まとめ>

糖質制限ダイエット1週間で痩せたとしても
それは体の水分量が減っているだけで脂肪は燃えていません。
脂肪が燃えるのは「2週間目」からと心得ましょう。

糖質には健康に良い面もあるので100%除くなんて考えないこと

糖質制限ダイエットはタンパク質はしっかりと摂るが大事。
1日に「体重×2g」以上を摂ることが必要ですが
かなり意識しないと摂れませんよ。

1日の糖質摂取量は「50g」程度を目安として
ゴール地点を3ヶ月に置いて取り組みましょう。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

RIZAPの食事メソッドを1食に凝縮!【サポートミール】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です